デートの誘い方の秘訣

どんなにサークルや会社、学校などで一緒にいることが多くても、二人でデートしなくては関係は進展しません。けれど女性がデートを希望しているのに口に出せないでいる、という状況も考えられます。そして多くの女性はそのきっかけを男性から出して欲しいと望んでいます。そして昨日テレビで観たんだけど、雑誌で読んだんだけど、友達から聞いたんだけど、と前置きしてこんな場所、こんなレストランがあるんだけど、と切り出すのです。はじめてのデートでは誘うこと自体大変です。まずはご自身がデートでその相手と行きたいと思う場所を調べておきます。

どうやってデートに誘ったらいいのか悩む方も大勢います。でも皆で会うのには慣れていても、いざ二人きりのデートに誘うとなったら話は別です。もちろん、グルメ番組で紹介されたようなお店に誘うのは、自然なように見えていかにもデートへの誘いが見え見え、ということはあります。ではどうやって会話の中にデートの前振りを入れればいいのでしょうか。そして相手も興味を持つようにその場所の素敵なアピールポイントを紹介します。いきなりデートに誘うと相手も戸惑うことがありますので、普段の会話の中で自然にデートに誘った方がOKされる確率は上がります。

はじめてのデートをどんな理由であれ、キャンセルされることは避けたいものです。そこで幾つかのコツをお話したいと思います。お互いにきっかけが必要としているのです。女性は食べることが好きですから、食べ物の話にはくいついてくる可能性が高いです。もしこの時点で女性が関心を示さなかったり、具体的な約束をするのを拒むような素振りを見せたら潔く諦めましょう。そこで無理に約束をこぎつけてもその後や当日にキャンセルされてしまう可能性があります。

恋人になるためにははじめてのデートにこぎつけなくてはなりません。素敵な場所を提案され、「行きたい?」と聞かれたら「行きたい」と返事をするのが普通ですが、そこで相手の雰囲気も読まずに「じゃあいつが空いている?」などと追い詰めるのは強引過ぎます。いかにうまくこのきっかけを出せるかがデートを実現させるためのコツです。そういう話をすれば、「行きたい!」「食べたい!」と反応するのが普通ですので、そこでさりげなく「今度一緒に行ってみる?」と提案してみるのです。場所や内容は何でも良いです。デートに誘うには、前振りが大事です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出会い

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ