嫌われるデートとは

男性も女性も対等ではありますが、まだまだデート、しかもはじめてのデートでは男性に主導権を握って貰いたい、と望む女性は多くいます。例えば女性に最終的に選ばせるとしても、AとB、どちらに行きたい?どちらが食べたい?などと複数の選択肢を提案すれば、一緒に考える雰囲気になります。優しさは時に突然だった方が効果的だったりします。女性にとってはまかせっきりにされるのは大変だし、案外迷惑なものでもあります。また、相手にすべてを任せる、というのも嫌われる要因になります。

男性からしてみれば親切なつもりでも、自分の意見がない人に思われてしまいます。また、自分の意見をはっきり持っている女性なら任せ型の男性でも案外うまくいくケースもありますが、中には優柔不断だったり大人しくて自分の意見がはっきり口に出せない女性もいます。自分の世界を押し付けすぎるのもNGですが、相手に任せっきりの男性は、女性からしてみると、デートに慣れていないとか、自分の世界、趣味がないつまらない男性に思えます。そういう性格の女性に選択を次々に迫ってしまうと、2回目のデートは実現しない可能性が高くなります。何を食べるか、どこに行くか、という選択の場はデート中必ずありますが、相手に合わせたい、相手の好きなところに行きたい、と思うあまり、それが優しさからくるものだとしても、どこでもいい、あなたの好きなところ、あなたの食べたいものでいいよ、と言うことは、女性にすべてを任せることです。

男性だって、女性から全てを任されたら疲れてしまいます。デートの場所や食べるものを女性に任せる男性は、すべてにおいて質問系で話す傾向があります。何でもやってあげるし、買ってあげる、というのは嬉しい反面、うっとおしくもあります。なぜ嫌われるのか、本人には分からないことがよくありますが、女性から見て、こんな男は嫌、というポイントは結構はっきりしています。二人でデートしているのですから、お互いに二人で意見を交わし、二人で行動しなければ意味がありません。

「そろそろ帰る?」など、どこへ行くかデートのスタートからデートの終わりまで質問ばかりです。相手のことを思って色々一生懸命やっても、結局嫌われる、という男性は多くいます。して貰うばかりだと、女性は所在ない思いをしたりします。まず「押し付けがましい」ことです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:嫌われるデート

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ