職場で出会い系を閲覧1万回で懲戒免職

大阪府箕面市は、職場のパソコンで出会い系サイトを約1万回も閲覧した係長級男性(55歳)を、3月30日に懲戒免職しました。

出会い系サイトの利用料1200万円の支払いで業者とトラブルになり発覚しました。

大阪府箕面市は「明らかに市職員とわかる形で連絡を取ったのは特に悪質」で、地方公務員法の信用失墜行為の禁止の違反をしたと判断した模様。

出会い系の閲覧以外にも、旅行やコンサートといった職務と関係ないサイトを閲覧していた。その数万回です。

男性職員はパソコンの適正利用を呼びかける総務の仕事を担当していた。しかも市役所のメールを使っていたので目も当てられません。

それにしても利用料1200万円とは、どんな有料出会い系サイトに登録したのでしょうか。

ホテルにも連絡していたようなので、実際に会えたのでしょうけど。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ